蛇口に傷をつけずに清掃するコツ

キッチンやバスルーム、洗面所などにある蛇口は、少し掃除をしないだけで水垢などの汚れが目立ってきますよね。蛇口の結合部分、裏側など目立たない場所にびっくりするくらいの汚れが付いていることもあるので、注意が必要です。

ただ研磨剤などで擦ってクリーニングをすると、蛇口に傷がついてしまいます。そこで、ここからは蛇口に傷をつけずにきれいにするコツを紹介します。

研磨剤は絶対に使ってはいけない

キッチンやバスルームなどに取り付けられている蛇口は、暫く掃除をしないと水垢などの汚れが付着して白く濁ってしまいます。そもそも水垢の正体は、水道水に含まれているカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分が堆積したものです。

キッチンや洗面所は頻繁に水を使う場所ですが、使った後に水が蒸発することでミネラル分が付着するのです。それが時間をかけて堆積していくために、水垢汚れとして目に見えてきます。特に水源として地下水を使っている場合、ミネラル分が多いので頑固な水垢汚れがつきやすいといえます。

長年掃除をしないままだと、付着した水垢は硬質化して簡単に落とすことができなくなります。そのため、ついつい研磨剤や研磨スポンジなどで擦って汚れを落としてしまいがちです。ただ研磨剤などを使うと、ステンレス製の蛇口に目に見えない細かい傷がついてしまいます。

すると、蛇口の表面が凸凹の状態になるため、ますます水垢汚れが溜まりやすくなってしまうのです。したがって、研磨剤や研磨スポンジは蛇口の掃除に絶対に使わないことが大事です。

水垢汚れはレモン汁がおすすめ

蛇口に付着する水垢は基本的にアルカリ性の汚れなので、きれいに除去するためには酸性のもので分解して軟化させる必要があります。そうすれば、蛇口に傷をつけることがなく新品のように仕上がります。そこで、おすすめなのがレモン汁を使ってクリーニングをする方法です。

レモン汁は酸っぱいことから分かる通り、酸性の液体です。

そのため、アルカリ性の水垢汚れを簡単に落とすことが可能です。レモン汁ならば、スーパーで手軽に購入できる上にリーズナブルな価格で販売されていますよね。もしかしたら自宅の冷蔵庫に常備している家庭もあるので、誰もが気軽に利用できるといえます。

やり方は、まず百円ショップなどで販売されているスプレーボトルにレモン汁小さじ一杯、水250mlを入れていきましょう。そして、均等に混ざるようにスプレーボトルをよく振っていきます。それから、作ったレモン水を蛇口にたっぷりとスプレーしていき、その上からキッチンペーパーを巻き付けていきます。

それが終わったらキッチンペーパーの上から再びレモン水をスプレーしていき、同じようにキッチンペーパーをしっかり貼っていくのです。その後、ラップで密閉するようにカバーしていき、そのままの状態で2時間ほど放置しましょう。

2時間経過したら、酸性のレモン水が汚れに吸収されて除去しやすい状態になっています。よって、ラップとキッチンペーパーをすべて剥がして、後は古い歯ブラシで擦っていくだけです。蛇口の細かい部分や溝部分などは、歯ブラシを細かく擦り付ければ汚れが落ちやすくなりますよ。

完全に水垢汚れが落とせたら、最後にお湯で丁寧にレモン水を洗い流していきましょう。それから、蛇口に水滴が残らないように清潔な布巾でから拭きをします。から拭きをすることで、蛇口が新品のようにピカピカに仕上がります。

歯磨き粉でもきれいに落とせる

蛇口の水垢は意外と知られていませんが、歯磨き粉でも傷をつけずにきれいに落とすことができます。その理由は、ドラッグストアやスーパーなどで購入できる歯磨き粉には微量な研磨剤が配合されているからです。研磨剤が配合されているならば、蛇口に傷がつくかもしれないと不安に感じるかもしれません。

しかし、歯磨き粉には歯に傷がつかない程度の僅かな研磨剤が含まれているため、蛇口も傷つけずに掃除ができるというわけです。歯磨き粉で掃除をする際は、使い古しの歯ブラシに歯磨き粉を付けて汚れを擦るだけです。掃除のポイントとしては、強い力でゴシゴシと磨くのではなく、軽く小刻みに磨くと汚れがスムーズに落ちやすくなります。

それで、蛇口の汚れが落ちたらきれいなお湯で洗い流し、仕上げに布巾でから拭きしましょう。すると、ピカピカの仕上がりになりますよ。

重曹と酢を使う方法

重曹と酢を使って蛇口の汚れを落とす方法も手軽にできるのでおすすめです。そもそも重曹には石鹸カスなどの油汚れ、酢には水垢を分解する性質があります。そのため、重曹と酸性の酢を混ぜることで泡が出てきて、頑固な汚れをスピーディーに落とすことができるのです。

さらに、酢には高い抗菌作用もあるので、掃除に使うだけで蛇口にカビができるのを防ぐ作用もあります。やり方は、まず重曹100gを用意してそこに少しずつ小さじ1杯の酢を混ぜていきましょう。いきなり酢を全部入れてしまうと、重曹が固まってしまう恐れがあります。

したがって、少しずつ酢を混ぜていくことがポイントになります。この時化学反応で炭酸ガスが発泡しますが、有害ではないので心配する必要はありません。それで、重曹の粉が残らないようによく混ぜてペースト状になったら、蛇口全体に均等に塗っていきます。

水垢汚れが頑固な場合は、塗布した後に上からラップで巻くといいでしょう。塗布して1時間ほど経過したら、使い古しの歯ブラシで蛇口の汚れをこすり落としていきます。とりわけ蛇口の溝や裏側や連結部などは汚れが溜まりやすいので、丁寧に掃除をすることが大事です。

さらに、蛇口の水が出るところも意外と汚れているので入念にやるといいです。それで、汚れが全て落ちたらお湯で丁寧に洗い流していきましょう。最後に蛇口に付いた水滴をきれいに拭き取って完了です。

蛇口のポタポタ水漏れ、水道代にはどの程度影響する?

掃除が終わったらコーティングがおすすめ

蛇口の汚れをクリーニングした後は、フッ素コーティングをすることをおすすめします。これは、フッ素樹脂の皮膜で蛇口をコーティングすることです。コーティングすることで、以前と比べて、蛇口に皮脂汚れや水垢などが付きにくくなります。

さらに、撥水効果もあるのでお手入れが簡単になります。傷がつくこともなく、一度コーティングを塗布するとおよそ数か月ほど効果が持続します。ホームセンターなどで自分でコーティングできる商品が販売されているので、興味があれば試してみるといいでしょう。