蛇口のポタポタ水漏れ、水道代にはどの程度影響する?

しっかり閉めたはずなのに蛇口から水滴がポタポタと落ちてくる、そんな経験がある方は多いのではないでしょうか。ゆるんでしまった蛇口を放置していると、延々と水滴が垂れ落ち続けてしまいます。一滴一滴はごく少量の水ですが、長時間続けばかなりの量になるでしょう。

蛇口の水漏れを放っておいた場合、水道代はどの程度増えてしまうのでしょうか。

蛇口からポタポタと水漏れをする原因

そもそもなぜ蛇口から水漏れをしてしまうのか、その原因は多くの場合部品の劣化にあります。水道設備は丈夫に作られていますが、使用寿命があるため長く使用していればいずれ劣化による問題が生じてしまうのです。

水漏れも水道メーターでカウントされる

昔の水道メーターは、あまり精度が高くなかったため水漏れをしていてもカウントされないことが多かったといいます。しかし現在の一般的な水道メーターは、昔のものよりも高感度です。ごく少量の水滴であってもしっかりとカウントされてしまうため、水漏れを放置すればするほど、無駄な水道代が発生してしまいます。

水道代に換算すると

蛇口の水漏れによって、実際にはどの程度の料金が発生してしまうのでしょうか。

地域や契約内容によって料金システムが異なるため一概にはいえませんが、1秒に1滴水漏れをしている状態だと、月あたり大体200円ほどの水道料金がかかるといわれています。

200円というとごく少額に感じますが、年間で見ると2400円です。まったく無意味なことに2400円分の支払いをしていると考えれば、かなりの無駄だといえるのではないでしょうか。

水漏れによって使用される水道量は、蛇口の状況等によって異なります。一滴あたりの量が多い場合、月あたり1,000円以上も水道料金が増加することもあるようです。ほんのちょっとだから、とそのままにしていると知らない間にどんどん水道料金が増加しているかもしれません。

水漏れに気がついたら早めに修理を行いましょう。

下水使用料も増える

水道料金が増えれば、当然下水道使用料も増加することになります。下水道使用料は水道使用量をもとに計算されますから、使った水の量が増えれば増えるほど高くなるのです。

支払い義務がある

水漏れした分の水道料金について、実際には使っていないのだから支払う必要はないのでは?と考える方もいるでしょう。しかし水道設備は、契約者の責任で管理をするという決まりになっています。水漏れを放置していた責任は使用者にありますので、支払いについての義務を負わなくてはなりません。

減額されるケース

いくつかの条件を満たしている場合に限り、漏水によって発生した水道料金を減額してもらうことができます。減免制度の基準は自治体によって異なりますが、使用者が漏水に気づいていなかった場合にのみ適用されるのが一般的です。

蛇口からポタポタ水漏れしていたという場合、当然使用者は気がついているはずです。蛇口まわりで起こる通常の水漏れトラブルでは、利用料が減額される可能性はほとんど無いといえるでしょう。

迅速に対応を

水漏れを放置した結果、高額な水道料金が発生してしまったとしても、責任が利用者にある限り減額されることはありません。このためもしも水漏れに気がついたら、なるべく迅速に修理等の対応を行う必要があります。

簡単な部品交換で対応できるケース

蛇口の水漏れでもっとも多い原因は、パッキン等の部品劣化だといわれています。パッキンはホームセンターなどで安く購入することができますので、自分で交換できるのなら修理に大した費用はかかりません。少し面倒でも、早めに部品交換を行って水漏れを防ぎましょう。

自分で修理をする場合、部品の種類を間違えないように気をつける必要があります。蛇口によって適合する部品のサイズや種類に違いがありますので、よく確認した上で作業を行いましょう。蛇口の部品交換には、モンキーレンチやウォーターポンププライヤーといった工具も必要です。

合わない工具で無理に修理をすると、蛇口本体を傷めてしまいかねません。作業を始める前に、必要な工具が揃っているか確認しておきましょう。

修理が難しい場合は無理せず業者に依頼を

蛇口の部品交換をしたことがないためやり方がわからない、何となく不安があるといった場合には、無理せず業者に依頼をするのが一番です。間違った方法で修理をしてしまった場合、トラブルを大きくしてしまう可能性もあります。

修理にはあまり自信がない、という人は無理せずプロに任せましょう。水漏れ業者に依頼をする際には、すぐに対応してくれるところを選ぶことが大切です。スピード対応をモットーとしている業者なら、連絡をした当日に修理工事を行ってくれる場合もあります。

力の入れすぎが水漏れを招くことも

水道蛇口がゆるくなっていると、軽い力ではしっかりと閉まらなくなってきます。水滴がポタポタと垂れないよう力を入れてギュッと回していると、それが原因で部品が傷むこともあるため注意が必要です。蛇口がゆるくなってきたと感じたら、水漏れトラブルが起きる前に部品交換等で対処を行いましょう。

浴室の蛇口を交換するには?

水漏れがひどい場合

連続してポタポタと水が落ち続けている、漏れている水の量が多いという場合には、まず一旦元栓から水を止めてしまいましょう。元栓がしっかり閉まっていれば、蛇口に問題があっても水が流れることはありません。当然他の場所でも水を使えなくなってしまうため不便が生じますが、すぐに修理ができない場合には、一時的な対処として有効です。

目に見えない水漏れ

頻繁に蛇口から水漏れしてしまうという場合、水回りの設備全体が古くなり劣化している可能性も考えておいたほうが良いでしょう。壁の中など目に見えない部分にある配管も、古くなれば劣化によってトラブルが起きやすくなります。

もしかしたら他でも水漏れをしているかもしれない、そう感じたのならまずは自分でチェックをしておくことが大切です。元栓を閉めた状態で水道メーターを確認し、パイロットが動いてなければ問題ありません。このパイロット部分が回転しているのなら、どこかで水漏れが起きているということになります。

蛇口の水漏れは目に見えるトラブルですから、すぐに気がつくことができます。早めに対処すれば水道料金にも、さほど大きな影響は与えないでしょう。しかし水漏れトラブルは、常に目立つ場所で発生するわけではありません。

見えない場所の水漏れは、家の建材を傷めてしまう原因にもなります。古い水道設備を使っているのなら、定期的に水漏れチェックをしてトラブルを予防しましょう。

蛇口に傷をつけずに清掃するコツ